毛先をパサつきをどうにかしたい!洗い流さないトリートメントでどうにかなる?

この悩みって少なからず悩みますよね。
特に

 

髪の毛を伸ばしたい!!

 

って人には悩みです。

 

 

毛先がパサついてると
一気にスタイリングに時間がかかる。

 

なんかかわいくない。
もっさり感がする。

 

触ってるとなんかテンション下がる。

 

ああ、やはり枝毛を発見。

 

これですよ。
たまりません。

 

でもこれ正直しょうがないですよね。
いくら一生懸命ケアしてても出てくるものなんですよね。

 

こまめに毛先をカットすることも大切ですが

 

 

それでも毛先のパサつきを解決したいです。

 

 

で、毛先のパサつきを洗い流さないトリートメントで解決しようとする人が多いですけど

 

んーっとパサつきの程度にもよりますが

 

これだけだと解決はしにくいかな

 

と思います。

 

 

洗い流さないトリートメントの主な役目は

 

保護と
水分を閉じ込める

 

ということです。

 

 

なので例えると
ラップみたいなものですかね。

 

もちろん保湿をする役目もありますけど
あんまり期待しないほうがいいかもしれないです。

 

 

 

トリートメントは毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができます。
髪表面の状態を整え、髪に栄養や油分を補い、ダメージをケアしながら本来の健康な髪に導くのが目的のアイテム。

 

洗い流すタイプのですよ。
これをちゃんと使わないとパサつきはどんどんすすみます。

 

でもつけ方にポイントがあるんです。
これを知らない人が実は多い。

 

ちょっと手はかかりますがこれをやると次の日髪つるつる^^

 

まず

 

トリートメントを付ける前に髪の水分をタオルでふき取ります。
水がしたたるほど濡れている状態だとトリートメントの成分が浸透しません。

 

タオルで軽く水気を切ります。水気を切らないとトリートメントの油分をはじいてしまい、効果が発揮できなくなるのです。

 

 

それから
パサつきがひどい毛先を中心にトリートメントを揉みこみます。
頭皮にはつかないように注意ですよ。

 

コツとしては全体にベターとつけるよりも
毛の束をいくつか分けてそれぞれトリートメントを揉みこむといいですよ。
均等につきます。

 

 

私はそのまま5分ぐらい放置して
その間に運動したり(スクワット)
お風呂の掃除したりするんですけど

 

蒸しタオルを頭に巻くと効果がアップです。
でも長くする必要はありません、せいぜい10分ほど。

 

 

これを洗い流せばOKです。

 

タオルで髪の水分をとって
ドライヤーの前に

 

洗い流さないトリートメント

 

をつかってドライヤーの熱から保護します。

 

(ドライヤーを毛先には当てないでね)
(冷風はいいですよ)

 

これをシャンプーするたびにすることでだんだんパサつきが改善されていきます。
髪の毛自体は死んでいる細胞ですから自分で修復作用がありませんので
毎日のケアで水分や油分を補給してあげて
毛先のパサつきを解消していきましょう。

 

だんだん手触りがかわってきますよ^^

 

 

今売れてます。洗い流さないトリートメント人気ランキングはこちら